アメリカ北東部ニュージャージー州最大のデジタルニュースメディア『NJ.com』より

エンゼルス大谷翔平とヤンキース田中将大、スター同士の注目の決戦迫る

Angels' Shohei Ohtani vs. Yankees' Masahiro Tanaka: Stars aligning for showdown - May 22, 2018


Embed from Getty Images

誰もが望んでいるピッチング対決をまもなく見ることができそうだ。

金曜(日本時間土曜)からヤンキースとエンゼルスの間で3連戦が行われるが日曜には田中将大の登板が予定されている。今のところはエンゼルスの先発が誰になるかは "未定" となっているがこれまで通りならば日曜日は大谷翔平が出てくるはずだ。そう、日本のスター同士の大変待ち望まれた対決がいよいよ見られるのだ。



注目される両者だが2人の今の勢いは対照的だ。

田中将大は月曜のテキサス・レンジャーズ戦でチームは勝利したものの5回を4失点、今シーズンの防御率を4.95に押し上げた。

一方で大谷翔平は日曜のタンパベイ・レイズ戦で7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投、今季4勝目(1敗)を決め防御率を3.35に下げている。そしてこの男にはバッティングもあることを忘れてはならない。彼は今季打率 .321、ホームラン6本、打点17試合を記録し "日本のベーブ・ルース" という前評判に見合う活躍を見せ続けている。

現時点ではエンゼルスは大谷を日曜に登板させ、先発登板する日はDHとして試合に出さず、またその前後には休息日を入れるという運用をしている。それがこの日曜日に変わることはないだろうし、そんなことは期待してはいけない、それは我々から大谷翔平VS田中将大という究極の対決の楽しみを奪うことを意味するのだから。

スポンサードリンク

ニューヨークのタブロイド紙『ニューヨーク・ポスト』 より

大谷翔平と田中将大の対決は世界中で目に、耳にされるものになるだろう

Tanaka vs. Ohtani would be the matchup heard around the world - May 21, 2018


Embed from Getty Images

不慮の怪我がなければ、そして天候によるスケジュール変更などがなければ、日曜にヤンキースタジアムで行われるエンゼルスVSヤンキースの試合は日本とニューヨークを震源に巨大なbuzz(ウェブ上で特定の話題が一挙に広まる意味)を発生させることだろう。

「その試合は世界中で見られるはずだ」

ヤンキースの投手デリン・ベタンセスはそう予測する。

エンゼルスは日曜日にのみ大谷翔平を登板させるという運用をしており、今週の日曜日には田中将大の登板が予定されている。この流れが変わることがなければ、この日本の2人のスターは野球界を騒がせ世界中のファンの関心を引き付けることになるだろう。

「それはエキサイティングなことだ。」

大谷が登板する前日は休息日となるため金曜にDHになる可能性が高く、その日彼と対決する可能性があるデリン・ベタンセスはそう続けた。



当日は球場は満員になることが予想され、日本でも関心が激しくに高まるだろう。NHKは月曜日午前2時からライブ中継を行う予定であり、彼らによれば大谷がエンゼルスでプレーし始めてからメジャーの中継の視聴率は10倍になったという。

「昨年田中将大選手とダルビッシュ有選手が対決した試合よりもはるかに注目されることになりそうです。」

共同通信のウエチ・アンリさんはそう語っている。
ニューヨークのタブロイド紙『ニューヨーク・ポスト』 より

田中将大には迫る大谷翔平との注目の対決よりも大きな懸念がある

Tanaka has bigger concern than upcoming showdown vs. Ohtani - May 23, 2018


Embed from Getty Images

今週日曜日の午後に田中将大はヤンキースタジアムでエンゼルスと対決する、そしてその試合は非常に多くの注目を集めている。

田中将大はバッターボックスに立つ大谷翔平と向き合うことはないが、国を同じくするその二刀流の選手とは対決することになる、大谷が先発投手として出場することが予想されるからだ。その対決は米国と日本ですでに大きなbuzz(ウェブ上で特定の話題が一挙に広まる意味)を巻き起こしている。

だが田中がエンゼルスとの勝負を勝ち抜くためには彼が今シーズンの、これまでの10回の先発登板で以上に気合を入れなければならない。確かに田中将大5勝2敗の成績を残しているが、それは彼自身の力というよりもヤンキースの強力なラインナップによるところが大きく、4.95という頼りない防御率に反映されている。



「悔しさ、あるいは失望という言葉が適切かもしれません。私は自分が望んでいるほどチームにまったく貢献できていないように感じています。」

田中将大は水曜日の夜のレンジャーズとの試合の前に通訳を介して、今シーズンのパフォーマンスについて尋ねられた時にそう語った。

「私たちは良いチームと良い攻撃ラインナップを持っています。現段階ではそれらのおかげでいくつかの勝利を得ることができたようなものです。私の個人的なパフォーマンスを見れば、それは失望以外の何物でもないと思います。」



田中は今年のシーズン開幕前のプレシーズンでは好調だったものの、今の成績は昨年のそれに近い。彼は昨シーズン30回先発登板し13勝12敗、防御率は4.74、178イニング投げ被安打180、奪三振194、四球41。今年は56¹/ 3イニング投げ防御率4.95、被安打48、奪三振50、四球14となっている。

ヤンキースはこの29歳の右利き投手から、今年の3回のプレシーズン戦で見せた2勝1敗防御率0.90の活躍を期待していた。

「制球、とにかく制球です。私は圧倒的なパワーがある投手ではないので何よりも制球に頼らなければなりません。」

記者に改善すべき領域があるかどうか尋ねられた田中はそう答えた。また今週日曜の試合に注目が集まっていることに関しては自分よりも大谷選手に起因していると彼は語った。

「このレベルで、メジャーで日本人投手2人が互いの力を競い合うということ自体はとてもいいことだと思います。メジャーリーグの、そして日本野球の歴史の一部になるかもしれません。」  

「ただ今週の私たちの対決が今注目されているのは今シーズン大谷選手がセンセーショナルな活躍を見せているからだと思います。これほどまでの関心を集めているのは彼に起因しているのだと思います。」



大谷翔平はこれまでに打者として25試合に出場、打率.310(27/87)、本塁打6、打点17、OPS 959(出塁率と長打率とを足し合わせた値)を残しており、投手としては7回先発登板し4勝1敗、40¹/ 3イニング投げ防御率3.35、奪三振52、四球14を記録しているおり、今週末のヤンキースとの3連戦では金曜日にDHとして、そして日曜には先発投手として出場することが予想されている。
米フォックス放送(FOX)のスポーツ中継製作部門『FOXスポーツ』より

ショー・ストッパー:エンゼルスが大谷翔平の次の登板を先送りにする

Sho Stopper: Angels push back Shohei Ohtani’s next start on the mound - May 24, 2018


Embed from Getty Images

今週の日曜にニューヨークで予定されていたショーは無くなった。

エンゼルスは木曜日に大谷翔平を登板させないと発表した、本来ならばニューヨークのヤンキー・スタジアムで同じ日本人である田中将大との対決が、#ShoTimeが見られたはずだったが先送りになった。

大谷選手の次の登板がいつになるかは未定となっている。
世界有数の経済誌『フォーブス』より

エンゼルスの大谷翔平、次に先発登板する予定だったヤンキース戦では登板せず

Angels' Shohei Ohtani Won't Make Next Scheduled Start Vs. Yankees - MAY 24, 2018

それは評判の悪い決断だった、日曜に期待されていた大谷翔平と田中将大のピッチング対決を待ち望んでいた人々、特に日本の人々から不評だった。だがロサンゼルス・エンゼルスは慎重に行くことを選び、ニューヨーク・ヤンキースとの試合で大谷を先発させることを止めた。

「彼の状態は良い。だがその仕事量、負荷を考慮してのマネージメントだ。」

エンゼルスのマイク・ソーシア監督は記者会見でそう答えた。

「私は投手の仕事に最大限の敬意を払っている。試合後に最も疲労しているのは彼らだ。」

ロサンゼルス・エンゼルスのゼネラルマネージャーであるビリー・エプラーはそう語った。



大谷は5月13日のエンジェル・スタジアムで行われたツインズとの試合で素晴らしい投球を見せていたが、最後の日曜日に行われた試合ではメジャー最多の110球を投げており、また僅かに制球の乱れを生じさせていた。

大谷翔平は昨年末にエンゼルスへの入団を決めた。彼は25歳以下だったためメジャーリーグの規約からメジャー最低年俸の54万5000ドルでエンゼルスと契約しているが同球団はその他にも契約金231万ドル、またポスティングの譲渡金2000万ドルを日本ハムファイターズに支払っている。

メジャーに入団してからFAの権利を得るまでには6年間を要し、その間エンゼルスはMLBのルールの下で大谷選手を支配下に置いている、そのため彼らは大谷選手の運用をかなり長い目で見ているのは明らかだ。

「私たちは今自分たちがカレンダーのどこにいるのかを意識し、理解しようとしているだけだ。ただそれだけの事に過ぎない。」

ビリー・エプラー氏はそう語った。



ニューヨークのタブロイド紙『ニューヨーク・ポスト』 より

エンゼルスが大谷翔平と田中将大の対決をぶち壊す

Angels crush the Shohei Ohtani-Masahiro Tanaka showdown - May 24, 2018

大谷翔平と田中将大の対決はしばらく待たなければならなくなった。

非常に期待されていた日本人スター選手同士の対決が今週末に行われる予定だったがエンゼルスは木曜に大谷選手を日曜日に登板させないと発表した。

エンゼルスはこの23歳の天才ルーキー、今シーズン40イニングス投げ99回バッターボックスに立った彼の "負荷マネージメント" をその理由に挙げた。エンゼルスのゼネラルマネージャーのビリー・エプラーとマイク・ソーシア監督によれば大谷選手が負傷したということはなく、チームとしては彼に負担をかけることを避けたいとの考えがあるとのことだ。



日本人選手同士のピッチング対決は見送られたが大谷選手がエンゼルスのラインナップの一人として出場する可能性の方はまだある。それにはもちろん日曜日も含まれているため田中将大との対戦もありえる、ファンが期待していたものとは違うが。

「これまでの大谷選手に対する負荷マネージメントを見ていただければ今回の決定はそれに沿っていると理解していただけるはずだ。」

ソーシア監督はそう述べた。

スポンサードリンク

関連記事: 米国の記者が語る大谷翔平がメジャーリーグにとって絶対的に必要とされている理由(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が先発、好投するも試合はトラブル連続でカオス状態に(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が田中将大とメジャー初対決、結果は大谷の完敗(海外の反応) 大谷翔平と田中将大の対決に海外メディアが大注目するも土壇場で消滅、エンゼルスの決断に批判が集まる(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が4勝目、被打率.023のフォークに「存在が卑怯」とメジャーリーグ公式が大絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平がホームランダービーに?地元メディアが太鼓判!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が6号ホームラン!チームの悪い流れを変える活躍を見せる(海外の反応) 「大谷は世界一の選手」エンゼルスの大谷翔平を対戦相手が絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平がまたホームラン! 敵将も絶賛!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平の超特大打が凄い! 敵地でも話題に!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が3勝目、変化球の凄さをメジャーリーグ公式が絶賛(海外の反応) メジャーリーグ公式サイト『イチロー、大谷翔平から逃げる』(海外の反応) 海外メディア「イチローは去ったが大谷翔平という新たな日本のスターが誕生した」(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が月間最優秀新人に選出、地元のファンもその活躍に脱帽(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平をヤンキースの強打者アーロン・ジャッジが絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平にアストロズ地元メディアも大注目!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が初黒星、海外のファンも動揺(海外の反応) 評価も人気もうなぎ昇りのエンゼルスの大谷翔平、アメリカの風刺新聞でネタにされる(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平がまた活躍!子供へのファンサービスでも話題に!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平を褒める海外メディアの記事まとめ(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平の人気ぶりがわかる海外メディアの反応まとめ(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が投手としても大活躍! 海外メディアも大絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平の大活躍にメジャーリーグ公式も大はしゃぎ!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が3戦連続ホームラン! 海外メディアも大絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が大活躍! 海外メディアも大興奮!(海外の反応) 海外メディア「エンゼルスの大谷翔平は未来のスターか、それともただの期待外れか」(海外の反応)