ヒューストン・アストロズの地元・アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンの日刊新聞『ヒューストン・クロニクル』より

その実力に疑う余地なし:エンゼルスの大谷翔平、アストロズに強い印象を残す

No two ways about it: Shohei Ohtani impresses Astros - April 23, 2018 Updated: April 24

Embed from Getty Images

アストロズとの三連戦が始まろうとしているその2時間ほど前、MLBヒューストン・アストロズの本拠地であるミニッツメイド・パークでキャッチボールを終えたエンゼルスの大谷翔平はクラブハウスに到着する。彼の翻訳者、水原一平は彼に付き添うように後を追う。選手たちが控えるクラブハウス内には大谷のロッカーの隣に水原のロッカーもあり、2人はそこに向かっていった。

大谷は彼の赤いグローブを遊び半分で空中に2回ほど投げてはキャッチし、最後はそれを頭の上に置いた。そして二列あるロッカーの間に置かれたテレビでメジャーリーグベースボールの専門チャンネルである『MLBネットワーク』に目を向ける。自分の席に座る。童顔のルーキー、人々が天才と呼ぶ23歳はスマートフォンをロッカーから取り出し画面をスクロールし始めた。

今野球界で最も話題になっているプレーヤーは静かだった、カメラのフラッシュをその顔に向けられることもなく、彼の一挙手一投足を追跡しようとするカメラもない、その貴重な瞬間を過ごしていた。

エンゼルスは試合前の大谷へのインタビューを許可していなかった。ヒューストンには30人以上の日本のメディア関係者が、大谷翔平が昨年ワールドシリーズを制した王者を相手に、アストロズの猛烈なラインナップを相手に火曜(日本時間水曜)の試合でどう戦うのかを記録しようと集まっていた。

スポンサードリンク

記者たちが動き出し大谷のあらゆる動きを追跡する。彼らはスタンド下に作られた選手控え所であるダグアウトの外に集まりだした、ロサンゼルス・エンゼルスの監督マイク・ソーシアが先日のレッドソックス戦で大谷に2イニングスでの交代を強いた "まめ" が治ったことを伝え彼らを安心させた後に。

7人ほどのカメラマンがカメラをセットする。その側でバッティング練習を終えた大谷のチームメイトがアストロズの選手と親しそうに会話をしていた。元アストロズのルイス・バルブエナがかつてのチームメイトとの再会を楽しんでいた。

ロサンゼルス・エンゼルスが誇る強打者であるマイク・トラウトとアルバート・プホルスがアストロズのホセ・アルトゥーベに忍び寄る。プホルスがアストロズの2塁種を、現役メジャーリーガーで最も身長が低い選手を急に持ち上げふざけあっていた。だが、報道陣はそれらの様子に全く気付いていないようだった。

注目の中心

Embed from Getty Images

アメリカン・リーグの1位と2位のチームの間でこれから行われる3連戦には彼以外に49人の選手がベンチに入る。だが、注目されるということにおいては、その誰もが大谷には遠く及ばなかった。アメリカだけでなく世界の野球界で注目されるこの非凡な選手は、そのスプリットの一球一球で、そのバットの一振り一振りで、人々を魅了している。

彼は他の誰もできないことをやってのけている、彼は非常に高いレベルで打ち、投げている。」アストロズの遊撃手、カルロス・コレアはそう語った。

「彼のような男に対し私は強い尊敬の念を抱く、そして明らかに、彼のような特別なスキルを持つプレーヤーは自分の実力を向上させるモチベーションとなる。私は本当に彼と戦うことを楽しみにしている。」



Embed from Getty Images
(アストロズのホセ・アルトゥーベ)

大谷は幾分普通でないスケジュールで運営されている、メジャーリーグで唯一の、そして真の二刀流プレーヤーはそれを必要とするのだ。彼はピッチングの前日または翌日にはラインナップに入らない、それゆえ火曜日の夜(日本時間水曜朝)の先発登板は、この3連戦で彼の姿を見ることができる唯一の機会となりそうだ。

彼の投球レパートリーは有名だ。時速100マイルに達する彼の速球はスプリット、ホセ・アルトゥーベが月曜に彼がこれまでに見たスプリットの中で “one of the best(最高の1つ)” と称えた、そのスプリットによって引き立たせられる。

アルトゥーベは実際に2014年にメジャーVS日本オールスターシリーズで大谷翔平と対戦したことがあった。それから4年後、再び彼と対戦する前の日、アルトゥーベの言葉は大谷に対する賞賛で溢れていた。彼のチームメイトの多くがそうであったように、試合において重要な役割を高いレベルで実行するその能力に驚いていた。

彼を見るのはエキサイティングだし、少し嫉妬もする」アストロズの外野手ジョシュ・レディックはそう語った。

  「誰もが、その両方をメジャーリーグレベルで同時にできるようになりたいと夢見ていると思う。 個人的には5日ごとに投手として投げることができたら最高だ、それは間違いなく楽しいはず。」

アストロズには二人の将来有望な選手、A.J.リードとJ.D.デービスを抱えているが、その二人はともに大学時代は打者投手両方でプレイしていた。だが二人ともドラフトされるとピッチングを諦めていた。大谷は従来の野球の論理に抵抗する存在であり、常識を打ち破る存在なのだ。



彼のシーズン開始からの45回の打席のOPS(野球において打者を評価する指標の1つで出塁率と長打率とを足し合わせた値)は.997だった。エンゼルスのホームスタジアムでの大谷の最初の打席はホームランだった。彼がメジャーの投手として2回目の先発を果たした時、その試合は7回まで完璧な試合を繰り広げた。

「マウンドに立ち100球も球を投げたその後に、バッターボックスでヒットを打てる人間がいること自体想像もつかないことだった。」とアルトゥーベは語った。

「それは極めて難しいことだ。私は彼がしていることに本当に敬服する。そして、彼は今後もそれをずっとやっていけるように感じている。」



大谷は今週のエンゼルスVSアストロズの3試合で投手としてのみ登場するだろう。だがこの地区でライバル関係にある両チームの対戦は今後16試合も控えている。アストロズは今後、いつか必ず、エンゼルスの優れたスターティングメンバーに混じってその攻撃的な腕前を披露することだろう。

月曜日、大谷は打撃練習をしなかった、ピッチングの前日にそうすることは賢明ではないからだろう。代わりに彼は仲間の投手と外野の周りを、打撃練習をする他の選手の球を拾いつつ走り廻っていた。


スターの力

アストロズ戦前の23日(日本時間24日)、大谷翔平は宇宙飛行士の野口聡一から激励を受けていた。米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターのあるヒューストンに居住している彼は母国の最大のスターに合うべくやってきたのだ。2人は大量のフラッシュで囲まれていた。

野口は報道陣からのインタビューのリクエストの嵐を受けていた、そして大谷は最後に頭を下げてその場を去る。大谷がダグアウトに下りていく、彼の名前を叫ぶアストロズのファンたちに手を振りながら。場を包んでいた好奇心と引力が消えていく、それが再びこの場を支配するのは火曜日の夜になるだろう。

アストロズの監督A.J.ヒンチはこう語っていた。

「もちろん私も彼と会うことに、彼の実力に興味がある。だが我々は何よりも彼を打ち負かす方法を見つけなければならない。」

スポンサードリンク

関連記事: 大谷翔平と田中将大の対決に海外メディアが大注目するも土壇場で消滅、エンゼルスの決断に批判が集まる(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が4勝目、被打率.023のフォークに「存在が卑怯」とメジャーリーグ公式が大絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平がホームランダービーに?地元メディアが太鼓判!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が6号ホームラン!チームの悪い流れを変える活躍を見せる(海外の反応) 「大谷は世界一の選手」エンゼルスの大谷翔平を対戦相手が絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平がまたホームラン! 敵将も絶賛!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平の超特大打が凄い! 敵地でも話題に!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が3勝目、変化球の凄さをメジャーリーグ公式が絶賛(海外の反応) メジャーリーグ公式サイト『イチロー、大谷翔平から逃げる』(海外の反応) 海外メディア「イチローは去ったが大谷翔平という新たな日本のスターが誕生した」(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が月間最優秀新人に選出、地元のファンもその活躍に脱帽(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平をヤンキースの強打者アーロン・ジャッジが絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平にアストロズ地元メディアも大注目!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が初黒星、海外のファンも動揺(海外の反応) 評価も人気もうなぎ昇りのエンゼルスの大谷翔平、アメリカの風刺新聞でネタにされる(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平がまた活躍!子供へのファンサービスでも話題に!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平を褒める海外メディアの記事まとめ(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平の人気ぶりがわかる海外メディアの反応まとめ(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が投手としても大活躍! 海外メディアも大絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平の大活躍にメジャーリーグ公式も大はしゃぎ!(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が3戦連続ホームラン! 海外メディアも大絶賛(海外の反応) エンゼルスの大谷翔平が大活躍! 海外メディアも大興奮!(海外の反応) 海外メディア「エンゼルスの大谷翔平は未来のスターか、それともただの期待外れか」(海外の反応)