ギズモードやライフハッカーなどを抱えるアメリカのオンラインメディア企業ゴーカー・メディア傘下の自動車情報サイト『Jalopnik』より

レクサス・LC 500はあまりにも完璧すぎる、新型レクサスLC-Fなど欲しくないと思えるほどに

The Lexus LC 500 Is So Perfect That I Don't Want Them to Make an LC-F - 7/16/2018



レクサスがLCの高性能バージョン『Lexus LC F』を発売するとの噂がある、それはおそらくツインターボ4.0リットルV8になる可能性が高い。ルックスは素晴らしい車になるだろう、LC 500はすでにそうなのだから。 きっと600馬力のパワーを誇る車になるだろう、おそらく0-60加速(0-96 km/h加速)も3秒代前半になることだろう。私が現在販売されている車の中で最高の車だと思っているLCはより速く、より高価で、より "他にない" 車になるだろう。

だが私はそんなことが決して起こらないで欲しいと望んでいる。



私はスポーツクーペが大好きだし高性能なパフォーマンスカーを愛してやまない、だがLC500をより速くしようとも、2つのターボチャージャーを追加しようとも、この車がより良くなることはないと確信している。

純粋なものは混じり物のないままにしよう、パワーを競う馬力戦争などドイツ人に任せておけばいい。

LC-Fがいかに "根本的に" 間違っているかを示すためには、まず現在のLC 500の何がこの車を真に素晴らしいものにしているかを説明しなければならないだろう。

スポンサードリンク

レクサス・LC500の美点は馬鹿げたパフォーマンスを追求しなかったことだ、興奮を求め身を滅ぼすような速さを出してしまうような車にしなかったことだ。はっきり言って0-60加速を3秒未満にする必要はない、さらに2.8秒と2.9秒の差など人間は感じることはできない。LC 500はそれを理解している車だ。

LC 500の0-60加速は4.4秒、それは十分に速い。ハンドリングもいい、だがレクサスはトラックをどれだけ速く走れるかを求めなかった。LC 500は数字よりもユーザーエクスペリエンスを優先させると何が起こるかを表す車だ。




この車により速いスピードを望む場合ターボを追加することになるだろう。しかしLC 500は自然吸気5.0リッターV8エンジンを搭載しており10個のギアを通して壮麗な音を奏でる車だ。

確かに現代のターボ搭載型のエンジンが持つ巨大なエンジン回転域、パワーバンドは得られない。だが代わりに胸のすくようなサウンドと回転数を示す針をレッドラインに持っていく喜びがそこにある。高回転域~レブリミットにかけて盛り上がるサウンドは心地よく、ギアをチェンジするたびに聞こえるあの気持ちいい音、 "Crackles and Pops" はシフト操作を楽しくさせる。

それらを失わずにパワーを向上させることなどできない。ターボを追加する代わりにエンジンを大きくするという選択肢もあるがレクサスはそれを選ばないだろう。この車を運転した際には機会があればレッドラインに針を持って行った私は、この車がスピードメーターの針を免停になるような領域に持っていくことなくその轟音を楽しませてくれたことに喜びを感じた。

(↓エンジン音の参考動画)
そう、つまりこの車の魅力を悪化させることなくパワーを追加することはできないのだ。 しかし私の同僚の1人、 "軽量化原理主義者" であるあの男は 「車を軽くすることには意味がある!」と叫ぶだろう。確かに理屈の上では意味があるのだろう、だが私はエンジンを小型ターボにしても大して意味がないと思っている、なぜならレクサスはこのLC 500に何を詰め込むべきかについても考え抜いていたからだ。

例えばマークレビンソンの高級オーディオシステムだ。重量があり軽さを求めた場合真っ先に無くすべきものであるがそれはLC 500で私が特に気に入っているものの1つだ。爆音にしてもクリアなサウンドをもたらすそれはグランドツーリング、長距離の高速ツーリングの際に特に効果を発揮する。

シートはヒーティング機能だけでなくクーリング機能も持ち何より非常に座り心地が良い。これも重いが無くすわけにはいかない。

後部座席を捨て貨物棚に置き換えたとしてもそれほど大きな重量の節約にはならないだろう。またはっきり言ってクソみたいなインフォテインメントシステムを軽量で多少マシなものに置き換えることもできるだろうがそれも数ポンド節約する程度だ。



すでにサイズの割に車重が1960kgと重いレクサスLCを劇的に軽くするにはエンジンを小型ターボにするだけでは十分ではなく、パーツの多くを軽量の材質のものに交換するか、この車を素晴らしいクルーザーたらしめている大量の断熱材や遮音材を捨てる必要がある。

車の基本部分を再調整することは価格に跳ね返る。何かを改善しようとするとどうしても何かを犠牲にしてしまう。それはレクサス自身が撒いた皮肉な罠だ、LC 500はその使命に完璧であり過ぎた、目指した方向性において優れ過ぎているがゆえに別方向に行けなくなっているのだ

それだけでない、レクサスLCは同ブランドのフラッグシップだ、レクサスの "価値" を体現した存在だ。それを不必要にパワフルにするために捨て去ることは愚かとしか言いようがない。LC 500を真に完璧にしたいならあのインフォテインメントを改善してくれ。それでおしまい、任務完了だ。

スポンサードリンク

海外の反応

jalopnik.comのコメント欄より: ソース


Jeron レクサスLCはこの車と同じ価格帯の車の中でダントツにカッコいい。本当に未来的で宇宙船のようだ、それこそ口をあんぐりと開けて見入ってしまうほどに。

個人的にパワーはあればあるほどいいと思っている人間なんでレクサスがLCのハイパフォーマンスバージョンを作ろうとしていることを歓迎しているけど確かに音に関しては同意する。ダウンサイジングターボじゃなくてスーパーチャージャーにすれば解決しそうだけど主流じゃないしレクサスはしないだろうな、それが唯一パワーの向上とサウンドを両立できる方法だと思うけど。

LionZoo どの価格帯においても今日市販されている車の中では最高のルックスだと私は思うけどね、道端で見かけたら思わずじっと見てしまう唯一の車がこのレクサスLCだ。

BTDUBS 間違いない。

BTDUBS ルックスに関してはクーペじゃジャガーF-TYPEが人気だけど私もLCの方が好き。しかもジャガーと違って少なくとも10年はトラブルを抱えないだろう、レクサスの信頼性がそこにあるのだから。

Seaking レクサスもポルシェと同じ道を行くのか、機能という機能を省き4万ドルほど高く売る...

Elon's Musk LC 500 F RSが出る日も遠くないな。

wesleyCrowbar レクサスLC-500で最も気に入っている細部はこのマッチョなフロントサスペンションタワー

http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2017/04/2018-Lexus-LC-500-engine-02.jpg

MathsCureCancer 観覧注意!!!
これは強烈なポルノだ!

crankaholic ゴージャス... 剛性を高めることは間違いないけどこの車にはちょっと大げさな気がしなくもないが。

RedWhine 1時間ほどこの車を運転する幸運に恵まれた。全く想像していなかった、あれほどまでにサウンドが素晴らしいとは!

レクサスにしては音がいいとかじゃない、ただ純粋に音が素晴らしい。とてつもない車だ、まさにGTカーは斯くあるべしといった印象、他の自動車メーカーはこの車に学ぶものがあると確信したね。

Axial まぁLFAの再来ってかLFAの子供みたいな車だからね、そのサウンドが壮麗なものであっても驚きじゃない。

DragonBreath 車重に関してはもっとどうにかならんかったのかと思う。

Arch Duke Maxyenko 軽くしろとこの車に対し人々が言うのはこのレクサスLCがダッジ・チャレンジャー SRT ヘルキャットとほぼ同じ重量だからだ。同クラスじゃニミッツ級と呼んでもいい。

Fatty Mcfatfat 実際にLC500を所有しているがこの記事のほとんどに同意する。この車はレクサスらしい快適性に満ちた車だ。乗り心地の良さは最高で妻は1つも文句を漏らしたことがない。そしてマークレビンソンのサウンドシステムには特に魅力を感じた。信頼できるグランドツアラーとして素晴らしい一台だ。個人的にはLC-Fを作るならNAのまま、できればヤマハ製V10エンジンを搭載してほしいかな。

実際LC-Fがどうなるかは、どういった方向性になるかはまだわからないんだし好きに想像したっていいじゃない、まぁ新型スープラみたいに出ます出ますと言いながらいつ出るんだとヤキモキさせられることになるかもだけど。

Travis 最近の車の中じゃレクサスLCは一番のお気に入りだ。目が飛び出るほど魅力的でありながら価格は目が飛び出るほどではない、これがドイツ車やイタリア車なら軽く20万ドルは超える。日本が送り出した車の中でこれほどまでに美しい車はLFA以来だ。

vc-10 レクサスのフロントデザインは嫌いなんだけどこのレクサスLCは...
完璧だ。なぜかはわからない。あのスピンドルグリル、もといプレデターグリルは他のレクサスのラインナップでは酷いとしか思えないけどなぜかこのLCではしっくりとくる。気絶するほど美しい。不思議。

MachtSchnell "LC 500は数字よりもユーザーエクスペリエンスを優先させると何が起こるかを表す車だ"
これね、最近の高級車は常道を踏みはずしすぎだと思う。

スポンサードリンク